出会いは、気多神社の神様のお導きかもしれません。

独身の頃に気多神社の縁結びのお守りを頂いてました。

その後、しまい込んでいて結婚して苦労して離婚後のある日、お守りが出てきました。

なんとなく幸せになれるような気持ちになっていた頃、パズル雑誌を解いていて、ふと気が付いたツヴァイの広告、何気なく申し込んでみました。

1回目は自分で決めて大失敗したので、コンピューター診断による相手なら、少しはいいのかもと淡い期待を込めて、パズル雑誌の裏表紙のはがきを切り取り、誕生日になった瞬間の午前0時にポストに入れました。

早速、ツヴァイの担当者から連絡がきて、キャンペーン中で女性は入会金無料とのことなので、入会しました。前の人よりは優しい人に出会えることを期待して。

まず最初に連絡してきた人は、二回会ったら疎遠になりました。初めての年上の人との付き合いでしたが、なんとなく二股かけられたかなあと思います。

会いたいという人が続出しましたが、ほとんどの人が年上の人。ここは慎重にいかなければと心を引き締めて、素敵な夫選びに邁進しました。

同じ年の人から連絡がきました。名前も私の名前の漢字と同じ、年も同じで縁を感じて会うことにして、じっくりと相手のプロフィールみて撃沈、親有り子供有りの人でした。会うと決める前にプロフィール見ればいいのに、(私は馬鹿だ)と悔やみました。会う約束しちゃったし、とりあえず会ってみよう。

私はおしゃれしていったのに、その人は気楽なジーパンでした。待ち合わせ場所の近くの食堂に入ってランチを食べてそそくさと帰っていきました。奢りでなく、割り勘にしたのは私のプライドです。

それから何回か、ランチをして日本酒のお土産貰ったりして付き合うようになりましたが、思春期の娘のいるその人との付き合いは今一つ難しさを感じてました。相変わらず、そそくさと帰ろうとするので次の時にその人の家の近くまで連れて行ってもらうことにしました。

これが運命の分かれ道、たまたま雪が降りいつもは二時間で行ける所を六時間かかりました。その間、いろいろと話をして、結婚を前提に付き合い、そして再婚しました。

再婚してから、夫が気多大社様に再婚相手をお願いしたお守り見つけました。気多大社様が縁を結んでくれたのかもしれません。

夫の娘とは付かず離れず、干渉せずで適当に間をおいて丁度良いようです。

 

 

40代でようやく婚活に挑戦しましたが・・・

私は43歳の自営業者の男で、千葉県内に住んでいます。昔から私は結婚願望というのは特になく、若い頃からその内そういった意識も芽生えるだろうと軽く考えていたのです。

ところが私が暢気に過ごしている内に、周りの友人達は次々に結婚して行きました。

そして40代に突入した頃には、昔から仲の良い仲間内で独身なのは私1人だけになり、周囲にも心配される様になったのです。

私自身もただ待つだけでは、結婚に対してその気になれそうもないので42歳でようやく婚活に挑戦する事にしました。

もっとも最初は結婚相談所の利用も考えましたが、私には少し敷居が高く感じたので、もっと気軽に始められる婚活サイトで行う事にしたのです。

そしてあれこれネットで情報収集した所、マリッシュならば中年男でも婚活出来そうだと判断して登録しました。

マリッシュは期待した通り、婚活サイトとしては比較的登録者の年齢層は高めでした。お陰で42歳の私でも特に浮く事はなく、相手探しを行う事が可能だったのです。そうしてまずは38歳のバツイチの女性と仲良くなり、会う事になりました。

いざ会ってみても、メッセージのやり取りをした時の様に楽しく話す事が出来たのです。

ですが徐々に結婚に関する具体的な話になると、ズレを感じる様になりました。

彼女はどうしても子供が欲しいので、出来るだけ早く再婚したいと考えていたのです。

所が私は結婚相手を選ぶとなると、少なくとも1年程は付き合ってから判断したいという意見でした。

お陰で話が噛み合わず、付き合うまでは行かなかったです。

次に少し年齢が離れた、34歳の保育士の女性と仲良くなる事が出来ました。

まだ34歳ならそこまで焦ってはいないだろうと思ったのですが、いざメッセージで話していると35歳になるまでにどうしても結婚したいと希望していたのです。

だからこそ次に付き合う相手とは、絶対に結婚するつもりだと言っていました。

私はその話を聞き、出会って1年もしない内に結婚するのは無理だと判断し身を引いたのです。

こんな調子で私は、3ヶ月程マリッシュで婚活しましたが、最初から結婚を意識して相手と付き合うのは自分には向いていないと判断しました。

同時にやはり結婚に対する明確な意思を持つ人が、婚活を行うべきです。なので私は現在、独身のまま婚活も休止しています。

アプリ婚活で掴んだ出会いで結婚することになりました。

私は都内に住む32才の会社員女子です。

4年間彼氏がいない生活なものの会社と自宅の往復で仕事に追われる日々を過ごし出会いが無く悩んでいました。

無駄に結婚願望が強かったので友人に相談し、友人が彼氏をみつけたPairsに私も登録しました。

私は友人に「最近はネットでの婚活や出会いは当たり前で、それが実際に実を結んでるパターンも当たり前になってきている」「少し前に比べてネガティブなものではなく、真剣な出会いの場である」と言われていました。

SNSの広告などに頻繁にでてきたことからその存在は知ってました。

友人は「ネット婚活は当たり前だよ」と言ってはくるものの、いわゆる「出会い系」であることに変わりはなかったということからいくら友人は彼氏を見つけたというものの私自身は半信半疑の気持ちのまま利用をしてみることにしました。

しかし、実際に利用してみると私のイメージとは裏腹に予想以上に真剣で真面目な出会いを求めている人が多いことがわかりました。

運営側も「荒らし」や「悪質」な人を排除し、利用者の出会いを後押しする運営スタイルだったために私自身徐々に安心することができるようになっていきました。

そして、利用し始めて2ヶ月たったころに、プロフィールが誠実そうな人とメッセージのやりとりを始めることができました。

メッセージでお互い意気投合し、実際に会うことになりました。

実際に最初に会った時に「ビビっ」と何かが私の中に走り、「この人と付き合う」と直感で思いました。

2人で一緒に過ごす時間がとても楽しく貴重なものになっていき、3回目のデートで彼から告白してもらい交際がスタートしました。

Pairsには「真剣な出会いがある」「本気がある」と実感しました。

お互い不思議なほどに相性が合い、喧嘩することも有りましたがお互いが必要不可欠になっていき、この春彼にプロポーズしてもらいました。2年間の交際期間を経て結婚しました。この秋に結婚式をする予定です。